投資をテコに、人生ハードモードからの脱却!

FXや暗号通貨を中心とした投資で目指せ1億円、アーリーリタイア!

FXで不労所得?スワップ生活の魅力とリスク①

f:id:calanco123:20170720211928j:plain

これまで散々暗号通貨について書いてきましたが、FXも取り組んでいるので、記事にしていければと思っています。

 

FXを始める際などは、特に目に付いて、こんなおいしいことがあるのか、と思ってしまうスワップポイント。

よく挙げられる高金利通貨はオーストラリアドル円、南アランド円、トルコリラ円、あたりではないでしょうか。

適正なリスク管理ができれば(これが難しいですが)、ある程度ほったらかしでも日々のリターンを得ることができます。

※写真は不労所得でハワイに別荘を持てた時のイメージ図・・笑

 

 

 

スワップポイントとは

2国間の政策金利の差分だけ得られる利益(または損失)のことです。

したがって、政策金利の低い通貨を売って、高い通貨を買えば、その分大きな利益を得ることができます。

現状、日本の政策金利は非常に低く抑えられているため、日本円を売って高金利通貨(上記オーストラリアドルなど)を買えばよい、という状況なのです。

たとえば、私が愛用しているSAXOBANKのスワップポイントは、7/19日現在、 1日あたり1万通貨あたり

  • オーストラリアドル円:31円
  • 南アランド円:15円
  • トルコリラ円:93円

※すべてロングポジションの場合

これを1年間持ち続けると

  • オーストラリアドル円:11,315円
  • 南アランド円:5,475
  • トルコリラ円:33,945

となります。 それぞれの調達コストは、

  • オーストラリアドル円:35,600円(89円換算)
  • 南アランド円:6,880円(8.6円換算)
  • トルコリラ円:25,200円(31.5円換算)

※SAXOBANKで提示されている最低証拠金を元に算出

ですので、年利換算では

  • オーストラリアドル円:31.8%
  • 南アランド円:79.6%
  • トルコリラ円:134.7%

高金利通貨の威力は凄まじいですね。基本的にはほったらかしでよいので、機動的なトレードが苦手であればかなりおいしいです。

※上記は最低証拠金ギリギリで運用する想定で、リスクが高いです。

※スワップポイントは取引業者によって異なるためご注意ください。

 

スワップ狙いのトレードのリスク

なにもしないで儲かるなんて最高!不労所得万歳!といいたいところですが、相応にリスクがあります。 下手すれば元金がなくなる可能性もありますので要注意です。

  1. 政策金利の変動リスク
  2. 通貨の暴騰暴落リスク
  3. 流動性リスク

これらのリスクを踏まえて通貨ペアを選び、エントリータイミングを見極めないと、スワップポイント以上の損失を被ることになります。

 

オーストラリアドル円を10万通貨、1年間保有。スワップポイントは1万通貨当り1日当り31円とすると、スワップポイントは

31円×10万通貨×365日=11万3,150円

一方、この時に85円→80円になってしまうと

-5円(500pips)×10万=-50万円

と圧倒的に赤字・・・

f:id:calanco123:20170718225000j:plain

1年間で見ると15円の動きがあるので、上記の仮定は十分に起こりえます。

 

最後に

リスクを詳細に書くとかなりのボリュームになりそうなので、一旦ここで切ります。

引き続きよろしくお願いいたします。。