投資をテコに、人生ハードモードからの脱却!

FXや暗号通貨を中心とした投資で目指せ1億円、アーリーリタイア!

使っている取引所(暗号通貨)のご紹介 ー 海外

f:id:calanco123:20170717000850j:plain

 

前回は使っている取引所@日本を僭越ながら記載させていただきましたが、今回は海外の取引所をご紹介します。

 

 

 

Bittrex

f:id:calanco123:20170723183928j:plain

Bittrex.com - Bittrex, The Next Generation Digital Currency Exchange

扱っている通貨数はBTCクロスで200種類程度、ETHクロスで45種類程度です。

日本に比べると豊富な取り扱い数ですし、取引量も多いです。

お約束の2FAもあります。

私が気になっているStatus、Numeraireなどもあり、充実しています。

 

Cryptopia

f:id:calanco123:20170723203943j:plain

こちらはさらにマイナー通貨が多数取り扱われています。

0.00000003BTC(BTC30万円換算で0.009円)くらいのコインがわんさかあります。

私もホームラン狙いでいくつかのコインを保有しています笑

取引量は劣るような気がしますが、2FAもあるし、それなりに使いやすいように思います。

他のwalletや取引所に送金するときにも特に不具合はないですし、設定しておけば送金時に確認のメールが届きます(その前に2FAも要求されます)。

メールに記載されているリンクをクリックしないと送金が完了しない仕組みになっているので、結構厳重です。

 

先日ここで(悪夢の)Ecobitを売却しました。

タイミング次第では稼げた可能性はあるのですが、当時はCryptopiaの口座を持っていませんでした。。今後ICOに参加する予定であれば、ここに最初に上場する可能性があるため、口座を持っておいて損はないと思います。

 

www.cryptopia.co.nz

 

Cryptopiaの登録方法はこちらをご覧ください。

 

Poloniex

しっかりした取引所という印象でしたが、最近対応の悪さを指摘する声も上がっており、若干使うのが不安になってきました。

 

  • 取引量が増えるほど手数料が安くなる
  • LENDINGというサービスがある
  • マイナーコインの扱いもある(ビットコインクロスで60種類、さらにイーサリアム、モネロクロスもある)

など多彩です。

そういう意味では面白い取引所なんですが。。

LENDING(ビットコインを貸し出し、それにより利子を得ることができるサービス。1日0.07%ほどもらえるということなので、日本円を銀行に預けるよりずっとお得ですね。。)については、下記で詳しく紹介されておりました。

bebesan.net

 

個人的にはPoloniexを敬遠し始めているので、ちょっと様子見です。。

使ったらまた感想をかければと思います。

 

最後に

私はBittrexメインで使い、怪しげな超マイナー通貨を取引(ホームラン狙い笑)するときはCryptopiaを使っています。

英語なのがちょっととっつきにくいですが、慣れればなかなか楽しいですよ。

 

 

最近の取引所のウォレットから通貨を盗まれた、という話もありますので、ハードウォレットの購入についても検討したほうがよくなってきていると思います。

ハードウォレットについてはこちら