投資をテコに、人生ハードモードからの脱却!

FXや暗号通貨を中心とした投資で目指せ1億円、アーリーリタイア!

ブロックチェーン×医療に特化した暗号通貨、DentaCoin(デンタコイン)って?

 

f:id:calanco123:20170801210112j:plain

今日ふと、医療情報とブロックチェーンって相性がいいんじゃないかと思ったので、

暗号通貨×ヘルスケア(医療)

でなにかないかと調べてみると、意外にも(?)ひとつだけありました。(もはや分裂のことは記憶からなくなってました笑)

 

Dentacoin(デンタコイン)

 

いつも見ているICO Countdownには出ていないのですが、 下記でプレセールの存在を知りました。

ww.coinschedule.com

 

まさに本日、ひっそりとプレセールが終わってしまったので、どこまで有益な情報になるかはわかりませんが、ここはひとつ紹介させてください。

私が発見したのはプレセール終了1時間前とかだったので、思わず大枚(4000円くらい)を投入してしまいました。

 

※追加: ブラックチェーン技術の医療への応用、というのはMITなど研究機関で研究が進んでいるようです。また、Factomなどの既存の通貨でも医療情報の記録ができるかも、と言われているようです。この通貨は最初から医療を対象としているという意味では新しいですが、医療も対象と"できる"通貨は既にある、という方が正しい理解のようです。

 

 

 

Dentacoin(デンタコイン)とは

Dentalは「歯」のことですので、歯医者系のものと推察できます。

 

目的

ブロックチェーンを活用し、世界の歯科医療向上を目的としています。その上で、歯科医療のコスト削減、及び患者・医師コミュニティを作ることを目指します。

日本だとアスクドクターズなどが患者・医師コミュニティを作っているような気がします。

 

直近の取り組み(患者・医師コミュニティのプラットフォーム作り)

このDentacoinプロジェクトの第一段階では、歯科医師だけではなく患者も対象としたプラットフォームを構築し、その中でイーサリアムをベースとしたトークンを活用するようです。

このプラットフォームでは、患者が受けた治療のレビューを登録できます。

医師は最新の市場調査データや患者からのフィードバックを確認することができます。

 

あれ、これってよくあるやつ?

レビューでトークンをもらえるっていうのも、よくあるポイント制みたいだし・・・

なにが新しいの?

 

プラットフォームの特徴

主に下記の特徴があります(【】は目新しさがあるかないかを私の主観で記載しています)

  • 患者は、受けた歯科治療のレビューし、その対価としてDentacoinトークンがもらえる【なし】
  • 患者を対象に調査を行うことができる。協力した患者は対価としてトークンがもらえる【なし】
  • ブロックチェーンを活用することにより、レビュー等が改ざんされない【あり】
  • もらったトークンを次回の医療費に充てられる【あり】
  • 歯科医師は、治療した患者に対し、レビューの依頼ができ、直近の治療に関するレビューが書かれるようになる【あり】

こう見ると、患者にはそれなりのメリットがある一方で、歯科医師のメリットはあまりないような気がします。が、ホワイトペーパーにも明確に患者重視が謳われているので、その姿勢がこうした仕組みにつながっているのでしょう。

しかしながら、医師がこのトークンを支払いとして受け入れない限り、患者がトークンを受け取るインセンティブが働かないので、患者はレビューや調査に協力することがなくなってしまいます

医師が本プロジェクトに前向きとなるには数々の障壁がありそうです。

  • 患者レビューや調査が歯科医師の役に立つか
  • 規制当局がこのプロジェクトに賛同するか
  • 歯科医師会がこのプロジェクトに賛同するか

トークンで治療費が支払われるのだとすると、歯科医師は生活のためにトークンを換金する必要がありますが、このトークンの価値が変動してしまうとすると、得するときもあれば損するときも出てきてしまいます。

ある種、治療費そのものが金融証券のようになってしまいます。

これを規制当局や歯科医師会が受け入れるのか、きわめて不透明です。

なので、規制当局や歯科医師会が弱い(制度や組織がない)国であれば受け入れられる可能性がある、といったところでしょうか(日本は難しそう)

 

Dentacoinプロジェクトのロードマップ(計画)

第一段階は上述のプラットフォームですが、全体では下記のようになっています。

f:id:calanco123:20170801203137j:plain

 

フェーズ1:レビュープラットフォームの構築(2017年8月8日テスト版起動)

上述の通りです。 

フェーズ2:モバイルアプリと歯にまつわる教育ウェブサイトの構築(2018年第1四半期)

モバイルアプリについては、歯をケアする習慣を身につけるための情報提供や、リマインダー(おそらく、歯を磨きましょう、みたいな通知が決められた時間に出る、といったところでしょうか)が出るそうです。

いまでもありそう・・

教育ウェブサイトについては、質問に答えるとDentacoinトークンがもらえるらしいです。

これ、やるかな・・

しかもトークンを配りまくると、供給が増えて価値が下がるのでは・・

フェーズ3:Dentacoinを活用した保険制度の開始(2018年第4四半期)

これはあまり理解ができていないのですが、歯科医療向けの保険ということのようです。 歯科医療向けの保険ってどこまでニーズがあるのか、それがいまいちピンとこず、内容が頭に入ってこない・・・

フェーズ4:患者の医療情報全般に拡大(2019年第3四半期)

歯科医療情報の収集ノウハウを生かして、それをさらに拡大する、ということのようです。これは冒頭で私がイメージしていたことに近いので、これは良さそうな印象を持ちました。

ただ、昔グーグルが電子カルテと連携して医療情報管理、みたいなことをやって早々に撤退していたような気がします。

少なくとも日本では当局や医師会など、力の強いステークホルダーがいて、そのあたりとの調整が難しいのかもしれません。

このプロジェクトは世界といいつつ日本以外だと思うので、ありかもしれません。

海外で実績つめればそのうち日本、ということもあるかもしれません。

 

Dentacoinトークン(DCN)について(ICOはこれから)

すでにプレセールは終了し、16,177,500,000DCN(161億トークン)の配布が行われたようです。

今回は

1イーサリアム=8,000,000DCN(0.003円程度)

が配布されるということでした(ボーナス込みとのこと)ので、2,022イーサリアム(約4,500万円)の調達が完了した模様です。

もうプレセール終わったのなら意味ないじゃん!

ということかもしれませんが、今後ICOが行われます。 上記のロードマップによると、

  • 1回目:2017年10月1日
  • 2回目:2018年10月1日

テーマはよいのですが、実現するかはまだ眉唾ものです。

本プロジェクトに期待を持っている方は1回目の参入がよいです。

1回目はまだフェーズ1のプラットフォーム開発しか進んでいない状況で、先行きが見えない状況ですので、裏を返せば大化けの可能性もあります。

ただ、安全に行くなら、開発状況、運用状況を踏まえた2回目のトークンセールで参加を検討するのがよいと思います。

 

今後のトークンの価値

開発者は、今後プロジェクトがうまく進捗した場合のトークン価値についても試算しています。

その結果を現在価値に割り戻すと、今時点で0.07ドル(約7円)と計算しています。 もし本当にそうなら今回のプレセールの2333倍

私のなけなしの4000円が933万円の価値!

そこからさらに価値が高まるとのこと!

 

・・・いや、本当?

 

プロジェクト推進が成功するという仮定と、現在価値の計算という2つの不確定要素があるので、眉唾です。。

 

最後に

あまりポジティブな書きぶりにはなりませんでしたが、フェーズ4までいければなかなか面白いと思います。

しかしいろいろなステークホルダーがいるのにこの壮大な計画を数年でやるなんて、どうなんでしょうか。まったり見守ろうと思います。

 

※もし誤り等があればご指摘頂けますと幸いです。。