投資をテコに、人生ハードモードからの脱却!

FXや暗号通貨を中心とした投資で目指せ1億円、アーリーリタイア!

【暗号通貨】ICO中のSALTの懸念点が・・・

 f:id:calanco123:20170816015415j:plain

 

SALTに関する前回の記事はアクセス数が多かったのですが、SALTに関し大きな?懸念があったので別記事をあげることにしました。

 

前回の記事に追記すべく、細かいところも調べ始めたのですが、この"ICO"より以前にかなり格安でトークンを販売していた(可能性がある)ことをしりました。

つまり今買ってもかなり高値で掴んでしまうリスクがあります。

公式のコメントやビジネスモデルに乗っかってしまい、Bitcointalkなどに注意を払わなかったのが失敗でした・・・

 

 

 

嫌な噂・・・

Bitcointalkでこのようなコメントがありました。

私がICOに参加したあとに聞いた噂よりも激しいので、ここに引用します。

Approximately 35 million SALT Memberships were sold at $0.25 and 5 million SALT Memberships were sold at $0.75.
約3,500万のSALTが0.25ドル(約30円)、500万SALTが0.75ドルで販売されていた。)

 

ICOの設計(公式のコメント)は以下です。 

  • 2m units sold at $3.00 (70% discount)
  • 1.5m units sold at $5.00 (50% discount)
  • 1m units sold at $7.50 (25% discount) 

200万SALTを3ドル、150万SALTを5ドル、100万SALTを7.5ドルで販売、とのこと。

"discount"(割引)という言葉にすっかり惹かれてしまっていましたが、これは開発が最終的に10ドルで販売する予定だから、ということのようです。

が、実際には大多数(ICOの10倍ほどのトークン)のSALTはもっと格安で売っています

どこに売られたのかは定かではないようですが、開発チームなどではないでしょうか。

何が嫌かって、最初に格安で買った人たちは、3ドルでトークンを売っても儲かるくらいなので、すぐに売りに走るのではないか、ということです。

 

最悪ですね・・・

 

ちなみにBitcointalkの最新の会話では、

”仮に開発者たちが最初のトークンを持っていて、それを売りに出して価値を下げるようなことをするだろうか?ホールドしていればそんなことはない。”

”もしもの話だろ”

”世の中生と死しか絶対のものなんてない”

などカオスです。

 

最後に 

あーやってしまった・・・・

あれだけいろいろ分析してICOに参加しようと言いながら、まんまとはまってしまいました。

まだ値崩れすると決まったわけではないですが、これはかなり厳しい気がします・・・

まぁ今更嘆いても仕方ないので、このトークンはしばらく塩漬けすることになりそうです・・・