投資をテコに、人生ハードモードからの脱却!

FXや暗号通貨を中心とした投資で目指せ1億円、アーリーリタイア!

【FXスワップ生活】EURTRY(ユーロトルコリラ)のチャート状況

f:id:calanco123:20170827205455j:plain

 

久しぶりのFXです。

前回、スワップ生活の魅力について書かせていただきました

 

EURTRY(ユーロトルコリラ)が下げつつあるので、ここで考察しておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

EURTRYのスワップポイント

 

スワップポイントの高いSaxobankでは、現在1万通貨あたり375円です。

1日でこれなので、おそろしい金額です。私が知る限りもっともスワップポイントが高い・・・

私は10万通貨の売りポジションを持っているので、1日3,750円自動的に儲かります。 

 

ちなみに1通貨から購入可能なOANDAでは1万通貨あたり296円です。

少額でコツコツ稼ぐならこちらがよいでしょう。

 

EURTRYのチャート状況

現在のチャートはこちらです。

f:id:calanco123:20170827203203j:plain

 

例によって移動平均線3つと一目均衡表を表示しています。

  • 水色:20日移動平均線
  • 薄い紫:90日移動平均線
  • 濃い紫:120日移動平均線

現在はまだ上昇トレンドの可能性が高いです。迂闊に入ると火傷する可能性があるのでご注意ください。

一目均衡表の雲を抜けて120日移動平均線(しかもここは直近の安値を結んだトレンドラインにも近いため、かなり強い支持線の可能性あり)を抜けるところまで見守るのが安全かもしれません。

 

しかしながら実体線(ローソク足)が20日移動平均線を下抜けているので、上昇トレンドが終わった可能性もあります。

私は4.13あたりでエントリーしてしまいました。

下の赤丸あたりです。

 

f:id:calanco123:20170827203705j:plain

今年1月くらいの高値と8月頭につけた高値でダブルトップを形成し、今後は下げるのでは、という読みです。

 

目標は4.0ジャストの長期移動平均線付近です。

これを下回れば下落トレンド突入でしょうか。

 

これからどうなるのか、楽しみです。

 

気になるニュースージャクソンホールでのECB総裁講演

ジャクソンホールでECBドラギ総裁の講演がありました。

”ユーロ圏の経済回復はアメリカより早い”

など強気の発言があり、ユーロは上昇。

しかし後段の質疑応答で、

”著しい緩和は依然正当化されている”

”インフレ目標には達しておらず、警戒を続ける必要がある”

との発言がきっかけでユーロは下落に転じました。

 

ユーロのQE(量的緩和)が終わることを期待していた向きにとって、これはネガティブサプライズだったのではないでしょうか。

QEが終わればユーロ高になる(すでにある程度は織り込まれている気もしますが)はずですが、

まだもう少し先になりそうです。

 

もしQE終了の話が復活したら、まずは今のEURTRYの売りポジションは清算することになりそうです。

 

最後に

スワップでぼーっとしてても儲かる!ということはさすがにないので、こういったニュースは常にウォッチするのが安全です。

今後もチャート分析とファンダメンタルズはチェックしていきたいと思います。