投資をテコに、人生ハードモードからの脱却!

幼い頃はカップ麺が贅沢、そんな自分がFXや暗号通貨を中心とした投資で人生大逆転を目指します

FXスワップ生活|9/25週実績(ついにトータルでマイナス・・・)

f:id:calanco123:20171001225106j:plain

 

先週のFXですが、レンジ相場に入ってました。

こういう時は、指示線で買い、抵抗線で売り、といういわゆる逆張りがワークするのですが、トレンドフォローの私にはきつかったです(過去に逆張りで死んだトラウマで、指示線付近での買いがすごく怖い・・・)。

 

タイトル通りスワップ生活してればよかった・・・(これ毎週言ってる気がする)

  

 ⇨スワップポイントの魅力について

 ⇨スワップポイントのリスクについて 

 

写真はタイのプーケットです。目の前に壁が立ちはだかっています・・・

 

 

 

 

 

ポジション状況

先週からユーロトルコリラは両建てを入れました。

  • EURTRY(ユーロトルコリラ):2.5万通貨(売り
  • TRYJPY(トルコリラ円):3万通貨(買い
  • ZARJPY(南アランド円):5万通貨(買い
  • GBPJPY(ポンド円):-(スクウェア)

(青字がスワップポイントで儲かるという意味で、赤字がスワップポイントで損するという意味です)

上記は全てSaxobankでの保有分です。

 

9/25〜9/29に獲得したスワップポイントと取引結果

保有分の中ではEURTRYが1日あたり1万通貨あたり412.93円(週末時点)の稼ぎ(先週末比+10.62円)になりました。さらに上がってきました。

 

先週の獲得スワップポイントは

 

+22,893円

(両建てを入れた分、先週より3,000円ほど減りました) 

 

安定してポンド円にやられ、裁定取引分は-34,289円となりました・・・

150円の節目を下回ったところで売りを入れてやられたりしてました・・・

 

  

  今週の実績 9/4以降の累計
スワップポイント +22,893 +93,516
裁定取引 -34,289 -98,753
合計 -11,396 -5,237

 

ちなみに1通貨から購入可能なOANDAでは1万通貨あたり302.21円(週末時点)の稼ぎになったようです(先週末費-2.09円)。

 

 

私の中で裁定取引は100万円分でやっているので、1年間で2倍(+100万円)にしたいのですが、道は遠い・・・

何もしてなければ今頃+9万円だったのに・・・なんていうのはなしで、前を向きます。

 

GBPJPY(ポンド円)のチャート状況

こちらはポンド円チャートです。

f:id:calanco123:20171001231436j:plain

例によって移動平均線3つと一目均衡表を表示しています。

  • 水色:20日移動平均線
  • 薄い紫:90日移動平均線
  • 濃い紫:120日移動平均線

MACDがデッドクロスしそうです。

ちょっとチャートの動きを注視したいです。 

  

EURTRY(ユーロトルコリラ)のチャート状況

こちらはユーロトルコリラです。

f:id:calanco123:20171001231836j:plain

 

史上最高値を超えてきて、4.223までいきました。

MACDはまだ上向きで、まだ落ちる感じもないですね。。。

 

高値圏の乱高下は下げの兆候、とも言われますが、まだそういう空気でもないような気がしています。。  

  

ファンダメンタルズ(先週は全然追えていません・・)

最近イギリス、トルコ、ユーロの情勢が追えていないので、ちょっと調査しないといけない状況です。

全体的に株価の上昇が収まりつつある印象であることと、カリアゲリスクには注視しています。 

 

最後に今週の予想レンジ

EURTRY(ユーロトルコリラ)

 

下値は雲の上限あたりでしょうか。これを下回れば4.06がターゲットになりそうですが、まだちょっと距離感がありますね・・・

 

4.16 〜 4.23(これを超えたら4.25までいくのか??)

 

 

GBPJPY(ポンド円)

上値をぐいぐい追う感じではなく、レンジ相場となっています。

これまで利上げ期待で上げてきましたが、さすがに織り込む期待材料が減ってきたような印象です。

下値はあまりラインがないのですが、フィボナッチ148円、20日移動平均線の146円あたりでしょうか。

ポンドは振れ幅が大きいので、広めに見ておきたいと思います。

 

150〜153円 

150円を下回った場合は148円あたりをまずは見ておきたいところでしょうか。