投資をテコに、人生ハードモードからの脱却!

幼い頃はカップ麺が贅沢、そんな自分がFXや暗号通貨を中心とした投資で人生大逆転を目指します

FXスワップ生活|12/25〜1/5実績 〜EURTRY(ユーロトルコ)は下落を維持!

f:id:calanco123:20180108235214j:plain 

  

年があけてしばらく経ってしまいました。

暗号通貨・仮想通貨にうつつを抜かしていましたが、FXの方もほそぼそと続けていきたいと思います。

 

日経平均は2万3千円を突破し、2万4千円に近づいています。

2017年は7のつく年、ということでどこかで相場のクラッシュがあるのでは、と思っていましたが、結果的には好景気を享受する年となりました。

2018年も楽観的な見通しが多いらしいですが、その分なにかあったときの市場へのショックは大きいので、気を引き締めていきたいです。

 

写真は1月のハワイです。冬っぽさはありませんね・・・

 

 

 

 

 

ポジション状況

GBPJPY(ポンド円)は上がってきてしまっており、絶賛含み損です。

一方EURTRY(ユーロトルコリラ)は下げ基調が見えてきており、1万通貨売り増ししました。

  • EURTRY(ユーロトルコリラ):11.5万通貨(売り
  • TRYJPY(トルコリラ円):3万通貨(買い
  • GBPJPY(ポンド円):1.5万通貨(売り
  • USDJPY(ドル円):-

青字がスワップポイントで儲かるという意味で、赤字がスワップポイントで損するという意味です)

上記は全てSaxobankでの保有分です。

  

12/25〜1/5に獲得したスワップポイントと取引結果

EURTRYが1日あたり1万通貨あたり432.46円(1/5時点)(12/21時点との比較+7.26)の稼ぎになりました。

 

そして肝心の先週・先々週の獲得スワップポイントの合計は

 

+37,934円

 

  今週の実績 9/4以降の累計
スワップポイント +37,934 +245,762
裁定取引 0 +20,357
合計 +37,934 +266,119

 

  

ちなみに1通貨から購入可能OANDAでは1万通貨あたり308.93円(週末時点)の稼ぎになったようです。

Saxobankほどのスワップポイントではないですが、少額で取引できるのは魅力的です。

スワップ派としてはロスカットのないような安全な運用(レバレッジを抑えること)が求められるので、

OANDAの場合少しずつ買い増すことができ、初めてチャレンジする方にはぴったりではないでしょうか。

 

なお、昨年1年間のスワップポイントによる稼ぎは708,024円でした。

ほったらかしで(とはいいすぎですが) 年間これだけ得られたので、EURTRYのスワップはすごいですね。

 

EURTRY(ユーロトルコリラ)のチャート状況

以前からしつこくお伝えしていますが、史上最高値からの調整が続いています。

f:id:calanco123:20180108232027p:plain

青の網掛けはボリンジャーバンド(狭い方が±1σ、広い方が±2σ)です。

 

昨年12月上旬から、レジスタンスとして機能していた4.5を下回りました。

私は4.5の下で逆指値の売りを入れていたので、現在のところうまくいっています。

ボリンジャーバンドが収束してきており、次の動きに向けてエネルギーをためているような印象です。

20日移動平均線は下向きですが、中長期の移動平均線は以前上向きですので、時間が経つごとに実態線との距離が近づいてきます

いよいよ下落に転じるのか、要注目です。

 

GBPJPY(ポンド円)のチャート状況

f:id:calanco123:20180108232147p:plain

レンジ相場が続いています。

現在はそのレンジの上限いっぱいです。

ここで売り増す(逆張り)か、それとも上抜けでドテンロング(順張り)か、悩みどころです。

下記の記事で考察した通り、上抜けた場合は159〜160円が次の上値メドになり得ると考えます。

 

www.workinvest-inbest.com

 

PickUpファンダメンタルズ〜トルコ非常事態宣言解除の可能性?

年明けからトルコではいろいろ動きがあったようです。

 

特に、2月に非常事態宣言の解除の可能性が出てきました。

ようやく正常に戻るのでしょうか。これは経済としてはプラスですね。

en.trend.az

 

また、経済指標は若干上向きでしょうか。

インフレ率(消費者物価指数)が低下傾向(高いとトルコリラの価値が下がっているということ)で、

すでにインフレが続いているトルコにとって、インフレ率の低下は良いことです。

 

www.kanetsufx.co.jp

 

 

最後に

今年もFXはリスクをとりすぎず、着実に資産を増やしていこうと思います。

スワップポイントは長期保有が基本なので、エントリーとロスカットのポイントを見るために、今後もチャートとファンダメンタルズは抑えていきます。

 

EURTRYの取り扱いのある取引所

EURTRYの取り扱いのある取引所はそう多くはありませんので、すでに口座をもっているところや、キャンペーンのあるところで口座を開いてしまうのが良いかと思います。

過去の紹介記事はこちら

 

   → 過去の相場変動時も良い対応していただきました(過去記事