FXスワップ生活|1/8週の実績と来週の見通し〜レンジ相場が継続

f:id:calanco123:20180115000334j:plain

 

 

株高が続いています。が、日経は2万4千円を超えられず、2万3千円台をヨコヨコに推移しました。

為替については、引き続きレンジ相場で、逆張りがワークする環境でした。

 

写真はリトアニアです。仮想通貨的には面白い国でしょうか・・・

 

 

 

 

 

ポジション状況

GBPJPY(ポンド円)はレンジ上限に迫り、逆張りとしては絶好のタイミングではありましたが、勢いを感じ売り増せませんでした。

  • EURTRY(ユーロトルコリラ):11.5万通貨(売り
  • TRYJPY(トルコリラ円):3万通貨(買い
  • GBPJPY(ポンド円):1.5万通貨(売り
  • USDJPY(ドル円):-

青字がスワップポイントで儲かるという意味で、赤字がスワップポイントで損するという意味です)

上記は全てSaxobankでの保有分です。

  

1/8〜1/12に獲得したスワップポイントと取引結果

EURTRYが1日あたり1万通貨あたり424.78円(1/11時点)(1/5時点との比較-7.68)の稼ぎになりました。

※1/11はスワップポイントが4日分つく日でしたので、獲得できる金額(1699.13円)を4で割っています

 

そして肝心の先週・先々週の獲得スワップポイントの合計は

 

+22,480円

 

  今週の実績 9/4以降の累計
スワップポイント +22,480 +268,242
裁定取引 0 +20,357
合計 +22,480 +288,599

 

  

ちなみに1通貨から購入可能OANDAでは1万通貨あたり308.25円(週末時点)の稼ぎになったようです。

Saxobankほどのスワップポイントではないですが、少額で取引できるのは魅力的です。

スワップ派としてはロスカットのないような安全な運用(レバレッジを抑えること)が求められるので、

OANDAの場合少しずつ買い増すことができ、初めてチャレンジする方にはぴったりではないでしょうか。

 

EURTRY(ユーロトルコリラ)のチャート状況

以前からしつこくお伝えしていた、史上最高値からの調整ですが、切り返してきました。

f:id:calanco123:20180114091139p:plain

青の網掛けはボリンジャーバンド(狭い方が±1σ、広い方が±2σ)です。

 

昨年12月上旬から、レジスタンスとして機能していた4.5を下回ったものの、4.6ラインまで戻してきました。

今は直近数ヶ月間のレンジ(4.47 〜 4.6)の範囲に収まっており、ここでさらに売り向かうのも手かもしれません。

一方、20日移動平均線を再度上回り、

短期>中期>長期

の順になっており、上昇トレンドの形になっている点には注意が必要ですね。。

 

GBPJPY(ポンド円)のチャート状況

f:id:calanco123:20180114091215p:plain

先週はレンジの高値に迫ったのちましたが、結果的にはレンジ相場が続いています。

先週は一時レンジ下限を攻めましたが、すぐに切り返しました。

引き続き逆張りがワークしそうですが、新たにポジションを持つ場合には早めにクローズするのが良さそうです。


 

PickUpファンダメンタルズ〜トルコの外交状況

トルコの外交は一進一退のようです。

 

ドイツとの関係は回復の兆しが見えています。

www.trt.net.tr

 

一方、アメリカとの関係はよくなっていません。

www.trt.net.tr

 

また、18日にはトルコの政策金利が発表されます。

この結果次第ではまたトルコリラが乱高下しそうです。

前回は利上げしたものの、トルコリラは急落しました。

今回は利上げしなさそうですが、結果はいかに・・・

 

最後に

スワップポイントで楽して稼ごう、というのが趣旨だということもありますが、

取引が減ってきて伝えることも少なくなってきています。。

が、スワップポイントで月に10万円稼ぐのを目指せるので、まだ試していない人はぜひチャレンジしてほしいなと思います(自己責任ですが・・・)

 

EURTRYの取り扱いのある取引所

EURTRYの取り扱いのある取引所はそう多くはありませんので、すでに口座をもっているところや、キャンペーンのあるところで口座を開いてしまうのが良いかと思います。

過去の紹介記事はこちら

 

   → 過去の相場変動時も良い対応していただきました(過去記事