投資をテコに、人生ハードモードからの脱却!

幼い頃はカップ麺が贅沢、そんな自分がFXや暗号通貨を中心とした投資で人生大逆転を目指します

FXスワップ生活|2/12〜23の実績と来週の見通し

 

f:id:calanco123:20180225010848j:plain

1週間飛ばしてしまいましたが、ドル円、クロス円は戻り売り戦略がうまく行く環境でした

株価の値崩れは一旦止まり、為替も小康状態になりつつありますが、短期間のショートカバーという状況のように思え、まだまだ戻り売り戦略で良いのではないかと思っています。

 

 

 

 

 

 

ポジション状況

ドル円・ポンド円の戻り売り中です。 

  • EURTRY(ユーロトルコリラ):12万通貨(売り
  • TRYJPY(トルコリラ円):3万通貨(買い
  • GBPJPY(ポンド円):-
  • USDJPY(ドル円):1万通貨(売り

青字がスワップポイントで儲かるという意味で、赤字がスワップポイントで損するという意味です)

上記は全てSaxobankでの保有分です。

  

2/12〜2/23に獲得したスワップポイントと取引結果

EURTRYが1日あたり1万通貨あたり413.56円(2/23時点)(2/9時点との比較-12.10)の稼ぎになりました。

 

そして肝心の先週の獲得スワップポイントの合計は

 

+41,928円

 

   2週分の実績   9/4以降の累計 
スワップポイント  +41,928  +443,933
裁定取引  +69,545  +133,389
合計  +111,473円   +577,322

 

ちなみに1通貨から購入可能OANDAでは1万通貨あたり298.94円(本日時点)の稼ぎになったようです。

Saxobankほどのスワップポイントではないですが、少額で取引できるのは魅力的です。

スワップ派としてはロスカットのないような安全な運用(レバレッジを抑えること)が求められるので、

OANDAの場合少しずつ買い増すことができ、初めてチャレンジする方にはぴったりではないでしょうか。

 

EURTRY(ユーロトルコリラ)のチャート状況

史上最高値に迫ったものの、やはり4.75は相当に硬そうです。

f:id:calanco123:20180224233946p:plain

青の網掛けはボリンジャーバンド(狭い方が±1σ、広い方が±2σ)です。

 

細かく見ると、

  • 2017/11/29 4.74870 ← 史上最高値
  • 2018/1/22 4.73755
  • 2018/2/16 4.74220

 ※買値での記載です

 

と、直近高値は上回ったものの、史上最高値には届かなかった、と言う状況です。

上記だけ見ると三尊天井で下落サインですが、チャートを見るとヨコヨコの動きとなっています。

ボリンジャーバンドが収束し、次のトレンドに向けたエネルギーをためており予断を許しません。

ただ、現状では20日移動平均線を再度下回り、MACDがデッドクロスを作っているところから、下落の兆候が色濃くなっているのではないかと期待しています。

 

GBPJPY(ポンド円)のチャート状況

f:id:calanco123:20180224233835p:plain


2/5の強烈な下落以降、軟調に推移しています。

先週は一時ショートカバーが入りましたが、151円手前で再度下落しました。

 

こんなことをつぶやいていたのですが、これは

  • 151.1円に90日移動平均線
  • スパンモデルの雲の下限が151円近辺

ということから、151円あたりがレジスタンスとして機能しそうだと思ったからでした。

しかしポンドは行き過ぎるときの幅が大きく、怖くて売り迎えませんでした・・・

 

今回の状況で、まだまだ戻り売りが使えそうな気がします。

150円に近づいたら売っていきたいです。

 

(おまけ)ドル円のシカゴIMM先物ポジション

この2週間はドル円を結構戻り売りしていました。一瞬流れがドル高に向かいそうなときもありましたが、結果的にはドルは引き続き弱いままです。

 

シカゴIMM先物ポジションを確認すると・・・

f:id:calanco123:20180225010310p:plain

円売りポジション(ドル買いポジション)が引き続き過大な状況です。

まだまだドル円は売りがワークしそうな環境と睨んでいます。

 

最後に

前回はようやくショートが決まると勇んでいましたが、実際にうまくいきました。

まだまだ戻り売りで攻めてみたいと思いますが、相場の急変した場合にはすみやかに撤退する(損切りする)フットワークが求められるような気もしています。

 

EURTRYの取り扱いのある取引所

EURTRYの取り扱いのある取引所はそう多くはありませんので、すでに口座をもっているところや、キャンペーンのあるところで口座を開いてしまうのが良いかと思います。

過去の紹介記事はこちら

 

   → 過去の相場変動時も良い対応していただきました(過去記事

   → アブレッシブ指値にはまりました(過去記事