【仮想通貨】CoinExに登録!そしてLedger Nano SからXRPを送金

f:id:calanco123:20180526022537p:plain

 

CoinExchangeはお世話になっていたのですが、ビットコインキャッシュを基軸としているCoinExには登録していませんでした。

2018年5月末現在、XRPをCoinExで保管しているだけでCETという通貨がもらえる(レートは2XRP = 1CET)とのことで、さっそく登録したのでした。

※配布上限は10,000CET/日なので、20,000XRPあれば毎日上限もらえる、ということになりそうです。 UTCで6/1 9:00までなので、日本時間だと6/2 18:00まででしょうか。

 

登録そのものは日本語で見れるのでとても簡単です。

XRPは動かすつもりがなかったためLedger Nano Sから久しぶりに出金しました。

 

 

 

 

 

 

CoinExとは

2018年5月末時点での取引量ランキングは73位と、そこまで大きい取引所ではないですが、

通貨の保有に応じてCoinExの独自通貨”CET”を配布しています。

最近は取引所の独自通貨が強かったりしますので、こういった取り組みは無視できません。

 

coinmarketcap.com

 

ちなみに同じ時点で我らがBitFlyerが20位、Zaifが85位です。

 

CoinExの登録方法 

トップページから赤枠の新規登録をクリック。

f:id:calanco123:20180526013128p:plain

※ページの言語表示はページ右上のタブで変更できます(私は最初から日本語で表示されましたが、英語で表示される場合もあるようです) 

 

登録画面に飛びます。

f:id:calanco123:20180526013323p:plain

 

まずはメール欄に登録したいメールアドレスを入力します。

その後下の段にある「確認コードを取る」をクリックすると、入力したメールアドレスにメールが届きます。

そのメールに記載されている確認コードを「メール確認コード」の欄に入力します。

 

「招待コード」欄は記載なしでも新規登録できます。

 

うまく登録できると下のような画面ができます。

この時点ですでにアカウント自体は作成できています。

f:id:calanco123:20180526013850p:plain

 

しかしセキュリティレベルが☆2つでは心もとないので、赤枠のセキュリティ設定をクリックし、もう少し安全にします。

 

f:id:calanco123:20180526014021p:plain

 

いつも通りといえばいつも通りですが、ここで「Google認証システムを関連付ける」(いわゆる2FA)などは設定すると良いです。

 

f:id:calanco123:20180526014141p:plain

 

ポップアップが出るので、まずは「確認コードを取る」をクリック。

登録メールアドレスにメールが届きますので、記載されているコードを「メール確認コード」欄に入力し、「提出する」をクリックします。

 

f:id:calanco123:20180526014322p:plain

 

ここにあるバーコードをGoogelAuthenticatorで読み込み、設定してしまいましょう。

 

Ledger Nano S(レジャーナノS)からRipple(リップル)XRPを送金

Ledger Nano Sはオフラインで通貨を管理できるので、かなり安全に通貨を保管できます。


 

CoinExのXRPアドレスを確認

まずは画面右上の「総資産」または「ウォレット」をクリック。

下の画面が出てきます。

 

f:id:calanco123:20180526015538p:plain

 

②の検索欄にxrpと入力すると、画面下部にXRPが出てきますので③「入金」をクリック。

f:id:calanco123:20180526015754p:plain

 

日本語には若干違和感ありですが、赤枠をクリック。

 

f:id:calanco123:20180526020027p:plain

 

これでXPR送金に必要なTag(タグ)とアドレスがわかりました。

 

Ledger Nano Sからの送金

まずはLedger Nano Sを起動させます。

詳細は下記をご参照ください。

 

www.workinvest-inbest.com

 

さて、Ledger Nano Sの送金画面です。

f:id:calanco123:20180526020330p:plain

AMOUNTは送金額、RECIPIENT ADDRESSが先ほど調べた送金先のアドレスです。

しかしこのままではTag入力欄がありません。

ここでSENDは押さないように気をつけて下さい。

 

ADVANCED MODE(赤枠)をクリック。

そうするとTag入力欄が現れますので、先ほどCoinExで確認したTagを入力しましょう。

f:id:calanco123:20180526020629p:plain

 

これでSENDを押すと、Ledger Nano S本体を操作するよう言われますので、本体の画面に従って操作(私の場合、本体向かって右側が送金を確認するボタンでした)。

 

ほどなくしてCoinEx上でも送金が確認できると思われます(画面の更新などが必要な場合もあるようです)。

  

最後に

エアドロップがあるとはいえ、取引所には流出のリスクもありますので、そこは留意いただければと思います。

私は分散保管とコールドウォレットを活用しております。

エアドロップへの参加と分散保管という意味では、複数の取引所アカウントを持っているのが良いかと思います。

 

日系では例えばこのあたりでしょうか。

 

なお、取引所の比較については下記をご参照ください。

www.workinvest-inbest.com